住宅あんしん工程検査(住宅検査)の現場レポート

大阪府大阪市の新築一戸建ての着工から完成までの建築士による住宅検査の現場レポートです

住宅あんしん工程検査の現場レポート :大阪府大阪市 Part6-3

アネストのスタッフの稲久保です。前回の住宅あんしん工程検査の続きです。

続いて、1階から2階へ向かう階段の裏側の施工状況を確認します。



「ボンドの施工方法や、固定木材に問題は見受けられません。」

続いて2階へ移動です。

ここでも下げ振りを使用して水平、垂直を確認します。



問題ないようです。
2階も1階部分と同じように水平器を使用してサッシの化粧枠などの水平、垂直を確認していきます。



特に問題となる箇所は無いようです。

2階にはお風呂があります。
最近では、2階部分にお風呂がある事が多いそうです。
お風呂場の窓も透明で、ベランダ部分の壁を高くして外から見えないようにして開放感がある感じが人気との事です(^^)

続いて、屋根裏の点検口を開けて頂きます。



いつもより、点検口の蓋が大きいように思います。
すると梯子が付いています!そう、ここは屋根裏収納庫になっています。

梯子を上がっていきます。



私も上がっていきます。
屋根裏収納庫の中に、点検口があり、そこから屋根裏を確認出来ます。



私も、穴から覗かせて頂きました。とっても見やすく広範囲に確認が出来ます。

丹波さん
「天井下地材等の施工状況を確認しましたが、天井を受ける材料の施工や
関連する材料の状況に問題は見受けられません。
また、屋根断熱材の仕上げについても、断熱材の接合部分も丁寧に施工されていますので問題ございません。」

屋根裏から降りてきて、図面を見ながらメジャーを使用して、床から窓までの高さなどを測っていきます。図面通りの寸法か確認しています。問題ないようです。



これで、今回の検査は終了です。

一部床下の断熱材を補修して頂きましたが特に問題となる箇所はなく、
安心して頂けるものと判断致しますとの事です。

次回の第5回最終検査の日程を、お客様、現場監督さんと決めて、本日の検査は終了となりました。

次回は内覧会となります。仕上げや外溝の工事が終わってからの検査です。
仕上がりがどのようになるのか、とても楽しみです(^^)

最後になりましたが、突然のレポートを快く引き受けて下さいましたお客様、
有難うございました。

担当して頂きました丹波さん有難うございます。暑い中お疲れ様でしたm(_ _)m

余談ですが、、、帰り道での事です。

丹波さん「汗がすごいでしょ。ちゃんと着替え持ってきた?
これだけ汗をかくと、僕なんか逆に運動をしたようで気持ち良いです(笑)

さっ、着替えて帰りましょう!」

そう、夏の現場は、立っているだけで汗が出ます!
まさか、こんなに汗をかくと思っていなかった私は着替えなんて持ってきていません。

帰りの電車の中は冷房がきいています。汗のせいで服が濡れていますので
寒いくらいです(><)

次回から現場に同行をさせて頂く際には着替えを忘れずに持って行きたいと思います。

良い教訓になりました(笑)

大阪府大阪市の着工から完成まで建築士が検査するサービスはこちら