中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の現場レポート

一級建築士による中古住宅の住宅診断(ホームインスペクション)の現場レポートです。

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)の現場レポート :京都府木津川市 Part6-3

アネストの稲久保です。中古住宅の住宅診断(ホームインスペクション)の現場レポートの続きです。

<1階 トイレ>

実際に水を流して、水漏れなどが無いか確認をします。
扉の動作確認や鍵も開閉して確認します。

特に問題なしです。

<1階 洗面室>

洗濯機用の蛇口があります。マンションなどでは、洗濯バンがある事が多いですが一戸建ての場合は無いことも多いそうです。

洗面台の水漏れ調査

洗面台の水を流して、排水管に水漏れがないか確認します。
排水管からの水漏れもなく大丈夫のようです。

ここも水平器を使用して水平垂直を確認します。

壁紙のはがれ

壁紙が剥がれています。

丹波さん「これは、張り替えた方が良いでしょう。」

中古の場合は、新築の物件ほど、キズや汚れは指摘しません。
しかし、著しい汚れやキズは指摘します。

床下の調査

ここにも、床下を確認出来る点検口があります。
床下の状態を確認します。特に問題となる箇所はありませんでした。

<1階 お風呂>

扉や鍵の動作確認をして、水を出して確認をします。特に問題なしです。

点検口から建物調査

お風呂場にも点検口があります。ここから、屋根裏を確認します。
特に問題無しです。

<1階 廊下、玄関>

廊下にある収納部分を確認します。開閉に問題はありません。
シューズボックスも扉の開閉を確認します。
また、廊下部分も水平器を使用して確認します。

タイルの浮きを打診棒で調査

玄関のタイルの浮きを、打診棒を使用して確認します。

丹波さん「ここと、ここでは音が違う事が、わかりますか?」

私「はい、わかります。どうしてですか?」

丹波さん
「これは、タイルが浮いています。見ただけでは全くわからないと思いますが、
 タイルの下に空気が入っていると考えられます。
 今後タイルが割れてしまう可能性があるので、改善をお勧めします。」

続いて2階に移動します。
階段や手すりや階段部分にある窓の動作確認をします。

<2階 トイレ>

水平器で、床や壁の傾きを確認します。
実際に水を流して水漏れが無いかなども確認します。扉や窓の動作確認をします。
問題なしです。

<2階 洋室 その1>

水平器で、床や壁の傾きを確認します。
脚立に上がり雨漏り後などがないかなど確認をしていきます。
クローゼットの中や、扉の開閉の確認をします。

京都府木津川市の中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)はこちら